情け嶋(なさけしま) 700ml/1800ml

本格焼酎 情け嶋の全体像
本格焼酎 情け嶋のラベル
本格焼酎 情け嶋のラベル左側面
本格焼酎 情け嶋のラベル右側面
本格焼酎 情け嶋のサブラベル
本格焼酎 情け嶋の上部
本格焼酎 情け嶋の700ml瓶

情け嶋(なさけしま) 700ml/1800ml

サイズ
通常価格 ¥2,388
/
税込

在庫 3個
ギフト包装はこちらから
  • 20,000円(税込)の以上ご購入で送料無料!
  • 環境保全の観点から梱包資材には再利用した段ボールを使用しております。(ギフト包装を除く)
  • 商品画像は撮影当時のものになります。スペック等は商品説明欄をご参照ください。

【情け嶋】

爽やかなコク味と上品なフルーティさは結構ハマります!

心地よいキレイな香りに、柔らかい口当たりとキメの細かい味わい。
軽い飲み口ながらも、麦の甘味をしっかりと感じ取れ、キレのある後口が特徴の麦焼酎です。

八丈興発公式サイトより
八丈島の焼酎の歴史
時は1853年、ペリー提督が浦賀に来た年に、鹿児島は阿久根の商人、
丹宗庄右ェ門(たんそう しょうえもん)が琉球との密貿易(抜け舟)の罪によって八丈島に流罪となりました。当時、八丈島では雑穀を使ったドブロクを飲んでいました。
庄右ェ門はさつま芋を見て、九州ではこのさつまいもで酒を造っていると言って、実家から蒸留器を取寄せ島民に焼酎造りを教えたのが八丈島での焼酎造りの始まりです。
このような歴史から焼酎の教科書には、芋焼酎の産地として鹿児島、南宮崎に加えて伊豆諸島も入っているのです。
以前は農家がさつま芋を造り、蔵がそのさつま芋を買い焼酎を造り、その出来あがった焼酎を農家が買うと言う様にお互いにお客さんであるという関係にありましたが、昭和初期になると、観葉植物を栽培する農家が増え始め、原料の芋の確保が難しくなりました。
その頃から島の各蔵元は麦焼酎の導入を検討し、現在の様に八丈島特有の文化である芋麦ブレンド焼酎と麦焼酎を造り始め、麦焼酎、芋麦焼酎、芋焼酎の3種類ある独自の文化を持っています。


◆スペック
カテゴリー:麦焼酎
原材料名:麦、麦麹
蒸留:減圧、常圧ブレンド
アルコール度数:25
製造者:八丈興発(東京都八丈島)

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


最近チェックした商品