司牡丹 華麗 純米大吟醸 1800ml

日本酒 司牡丹 純米大吟醸 全体像
日本酒 司牡丹 純米大吟醸 ラベル
日本酒 司牡丹 純米大吟醸 左サイド
日本酒 司牡丹 純米大吟醸 右サイド
日本酒 司牡丹 純米大吟醸 化粧箱
日本酒 司牡丹 純米大吟醸 サブラベル

司牡丹 華麗 純米大吟醸 1800ml

サイズ
通常価格 ¥4,400
/
税込

在庫 1個
ギフト包装はこちらから
  • 20,000円(税込)の以上ご購入で送料無料!
  • 環境保全の観点から梱包資材には再利用した段ボールを使用しております。(ギフト包装を除く)
  • 商品画像は撮影当時のものになります。スペック等は商品説明欄をご参照ください。

【司牡丹 華麗 純米大吟醸】

花のように華麗な純米大吟醸

華やかすぎない心地よいナチュラルな吟醸香とのびのびとまろやかに広がる味わい。香りと味の見事なバランス感でおおらかさと気高さを感じさせます。

・司牡丹の由来
今から約400年昔の慶長八年(1603)、山内一豊に伴い土佐に入国した首席家老、深尾和泉守重良は佐川1万石を預かることになります。
その時、深尾氏に従ってきた「御酒屋」が司牡丹酒造の前身です。
その酒屋としての長い歴史の中では、土佐の英雄・坂本龍馬とも深い縁を持つとされ龍馬と最も縁の深い蔵元としても知られています。
大正七年(1918)、佐川の酒造家が結集して株式会社を設立。佐川出身の維新の志士、明治新政府の宮内大臣も務た田中光顕伯爵(坂本龍馬、中岡慎太亡き後の陸援隊長)は、この佐川の酒を愛飲し、「天下の芳醇なり、今後は酒の王たるべし」と激励の一筆を寄せ「司牡丹」と命名されました。
「牡丹は百花の王、さらに牡丹の中の司たるべし」という意味です。




◆スペック
カテゴリー:日本酒(純米大吟醸酒)
原材料名:米(国産)、米こうじ(国産米)
精米歩合:50
日本酒度+3
使用米:山田錦
アルコール度数:15度以上16度未満
保管方法:冷暗所で保存
製造者:司牡丹酒造(高知県)

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleプライバシーポリシーおよび利用規約が適用されます。


最近チェックした商品